×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 

 

〜 森勘京染店の歴史 〜

 

 

森勘京染店は、江戸時代から続く糊置師の家系にあたります。

糊置とは、染色工程の一つであり、布に防染糊を印捺させる仕事のことを言います。

 

 代々、続くこの糊置師より、昭和8年京染め愁皆を営業に加え現在に至っております。

 

三代目は常盤紺形染元最上家の流れを継いでおります。

 

染色に関しましては、歴史と経験そして自信をもって

皆様にご満足のいく商品のご提供を心掛けております。